アパレル販売員の裏事情

洋服は新しいものを出してもらった方が良いのか?に対する私の考え

あなたはお店で洋服を買う時に、新しい物を出して欲しい、と思いますか?

私は他のブランドで買い物をするとき、別に新しいものが良いとは思いません。

というか、どちらが良いかはわからないからです。

新しい物の方が綺麗とは言えない

新しい物が良い、という方は、「新しい物の方が綺麗だから」と思っているからですよね?

もちろんその可能性が高いのですが、必ずしもそうとは限らない、ということも知っておいてください。

なぜならば‥

  • ストックは恐ろしいほどパンパンである
  • 一度出してストックにしまった可能性もある
  • 他店からの振り回し品はどういう状態かわからない

からです。

少し説明しますね。

新しい物が欲しい、というと販売員さんはストックの奥から商品を持ってきますよね?
はたしてこれが誰も触っていない新品かはわからないのです。

ボディに着せたりしたものはボディを変えればストックにしまいますし、何点も同じものを試着される方もいるので、試着されても売れなかった物はストックにしまいます。

また、振り回しや店間移動、シャッフルなどと言われる店の間での在庫調整があります。

例えばある店舗で売れていて在庫がなくなったAという商品を、Aが売れていない他店からなくなった店に送ってね、という本社指示がきます。これが振り回しです。

こうやって店の在庫を調整していくのです。地域によって売れ筋って変わってきたりしますからね。

で、そいうった振り回し品は、自分の店に入ってきたところで新品かどうかはもうすでにわかりません。

そしてアパレルのストックというのは驚くほど狭くて商品が山のように詰め込まれています。

たぶん何も知らない方が見たら、あそこに入っているものが綺麗とは思えないと思います‥。

もちろん日々ストック整理をして、商品がシワにならないように気を付けているのですが、ココにはもう入らないよ!!という納品がやってくるのです。

路面店ならまだしも、百貨店やファッションビルでは、消防がかなり厳しいので、商品を置かせてもらえる場所が昔に比べてだいぶ減りましたし、ストック問題は深刻なのです。

そんなところに詰め込まれているもんだから、持ってきてみたら傷物だった、シワがひどい、ということもあります。

それなら店頭に出したばかりでキレイにハンギングされている商品の方が良いと思いませんか?

もちろん誰かが試着した可能性もありますが、綺麗ならあまり気になりません。

みんなお互い様ですので、試着する際は丁寧にキレイに着ましょうね?ということ。

新しい物が欲しい、という方に限って、試着の仕方が汚い‥という方多いです。(海外の方に特に多い)

裏返しのまま返され、ファンデーションがついている‥なんてよくありますね。

そりゃそんなものは欲しくないですよね。

売れないレベルなら傷物として本社返品するので、そんなものを売られることはないので安心してください。

ただ、ストックから出てきたものが、必ずしも新しい物とは限らない、ということを知っておいてくださいね。

新しい物が欲しいと言うのは恥ずかしい?

日本の方って遠慮がちな方が多く、思っていても言えないことってありますよね?

でも、心の中で新しい物が欲しい、とちょっとでも思ったら、素直に言いましょう。

販売員も別になんとも思いません。その気持ちはよくわかりますから。

ただ、稀に店に1人しかいない時で、ストックが遠い場合はちょっとお待たせしてしまうかもしれません。

店のすぐ裏に店頭ストックなるものがあって、だいたいはそこに少量ずつストックし、入りきらない分は遠くのストックに置いてある店がほとんど。

でも、なぜか一気に同じ商品が売れることがあり、遠くのストックから補充する前に新しい物が欲しい、と言われると、店番を隣のブランドやテナントの社員に頼んでストックにダッシュすることになります。笑

あともうひとつお願いが‥。

新しい物が欲しい場合は販売員がタグを切る前に言って欲しいーーーーー!!

新しい物を出してくれると思って待っていてくださったのかもしれませんが、早めに言ってくれた方が良いんです。別になんとも思いませんから。

もちろん全員のお客様に新しい物を、と販売員も思っているのですが、無理なんです。

それを続けていると、最終的に残ったものは試着したおされて商品にはなりません。

綺麗な状態のものを売って次の物を出す、というのが一番良いサイクルなんです。

一度タグを切ってしまうと、新しいタグを発注することになり、さらにその間商品を売ることが出来なくなるんです。

どうしても、という場合は売ってしまっても良いのですが、在庫がおかしくなるので本社は嫌がります。

ですので、新しい物が欲しい方は、早めに販売員に伝えてくださいね。そうすれば早めにご用意も出来ますし。

まとめ

以上が私の考えです。

新しい物が必ずしも綺麗とは限らないということ、試着はみんなが幸せになるために綺麗にして欲しいこと、新しい物が欲しい方は早めに販売員に伝えること。

せっかくお洋服を買うのに、最後に嫌な気持ちになりたくありませんよね。