30代女性のお洒落のコツ

EUとのEPAがいよいよ2019.2.1発効!インポートの洋服の値段が下がる!

洋服好きにとっては嬉しいニュース!

ついにEUとのEPA(経済連携協定)が2019年2月1日に発効となります。

それすなわち、輸入品の値段が下がるということ!

品物によって違いはあるものの、繊維やアパレル製品は即時関税撤廃なんですよ。

ヨーロッパから輸入する洋服の値段が下がる!

インポートの洋服って高いですよね‥。ヨーロッパにはハイブランドが多いので、そこからの輸入品は特に高い!

アパレルにかけられる関税は今までだと最高約13%だったけど、これがEPA発効後、即撤廃になります。

日本のメーカーにとっては痛手となるかもですが、消費者にとっては嬉しい限りですよね♪

革靴の関税撤廃まではあと11年かかる

私、ぬか喜びしちゃったのですが、なんと革靴の関税が完全になくなるのは11年後。

革靴の関税が高かったのにーーー!!

なんと革靴の関税は最高30%。高すぎるだろ‥。革靴の関税はEPA発効から徐々に引き下げになるものの、完全になくなるのは2030年なのでお間違えなく。

レザーのバッグなどその他のレザー製品も関税がなくなるのは2030年です。

とはいえ、一歩前進!段階的に安くなっていくので楽しみにしておきましょう。

ヨーロッパの洋服を着てワインやチーズで女子会はいかが?

アパレル製品と同じく、ワインも即時関税撤廃となります。

チーズは種類によって低関税の枠が設けらますが、16年後には完全に撤廃となります。

なんかバルやフレンチとかのお店でEPA協定を記念してお得なイベントやってくれないかなー。笑

インポート着てたらさらに割引にしてくれるとかどう?笑

ただのワイン好きの妄想なんだけど、ちょっと安くなっただけで、ボトルいっちゃう?の流れになりそうw

みなさま、飲み過ぎには注意しましょうね。笑

まとめ

2019年2月1日から、EUとのEPAが発効となり、EU諸国からの輸入品が安くなります。

もちろん、輸出品の関税にも関係するので、メーカーにとっては大変ですが、消費者にとっては嬉しい流れですよね。

洋服好きにとっては欧州のおしゃれな洋服が少し安くなるので、要チェックです!